図書出版松籟社ホームページ
松籟社について
松籟社の本
twitterアカウント
東欧の想像力9
火葬人
ラジスラフ・フクス[著]/阿部賢一[訳]
2012年12月28日発行
定価:1700円+税
四六判・ハードカバー・224ページ
ISBN:978-4-87984-312-8 C0397
在庫ございます

内容紹介

  20世紀後半のチェコで活躍したラジスラフ・フクスによる代表作の日本語版。
  ナチスドイツの影が迫る1930年代のプラハ。葬儀場に勤める火葬人コップフルキングルは、妻と娘、息子にかこまれ、幸せな生活を送っている。しかしその平穏な日常は、時代状況や親ナチスの友人の影響を受けながら、次第にグロテスクに変質していく……


著者・訳者紹介

ラジスラフ・フクス  Ladislav Fuks, (1923-1994)
  1923年、プラハ生まれ。カレル大学で博士号取得後、学芸員として国立美術館等で勤務。並行して短編を雑誌に発表していた。
  1963年に長編小説『テオドル・ムントシュトック氏』を発表。収容所への移送を待ちかまえるユダヤ人の心理を幻想的に描き、一躍脚光を浴びる。ユダヤ系の出自ではなかったフクスだが、ユダヤ系住民と同じく同性愛者が迫害されるのを目の当たりにし、自身も同性愛の傾向を持っていたために衝撃を受け、ユダヤ系の人びとに共感を抱くようになったと言われる。
  ほかの作品に本書『火葬人』や『公爵夫人と料理人』など。
  『火葬人』は、ユライ・ヘルツ監督によって映画化されている。

阿部  賢一
  東京外国語大学卒業。カレル大学、パリ第4大学留学を経て、東京外国語大学大学院博士後期課程修了。
  現在、立教大学文学部准教授。専門は、中欧文化論、比較文学。
  著書に、『イジー・コラーシュの詩学』(成文社) 、『複数形のプラハ』(人文書院)、『バッカナリア 酒と文学の饗宴』(共編著、成文社)など。
  訳書に、ボフミル・フラバル『わたしは英国王に給仕した』(河出書房新社)、ペトル・クラール『プラハ』、エマヌエル・フリンタ『プラハ カフカの街』(ともに成文社)、パヴェル・ブリッチ『夜な夜な天使は舞い降りる』(東宣出版)など。


ご購入方法

本書は、大型書店を中心に、全国の書店でお求めになれます。

小社への直接のご注文も承ります。営業日(原則、月〜金曜日)の15時までにご注文いただけましたら、即日発送いたします(郵便局のゆうメールにてお送りしますので、到着まで2〜3日のお時間を頂戴いたします)。
お電話でしたら075-531-2878 までお願いいたします。電子メールでのご注文も承ります。また、このページの左フレーム最上段の、「メールフォーム」→「書籍のご注文」からもご注文いただけます。


以下のサイトでもご購入できます。


→Amazon.co.jp
→hontoネットストア
→楽天ブックス


関連書

※シリーズ「東欧の想像力』各巻



 
Copyright (c) 1974-2007 松籟社 : Designed By Theme4u.Net