図書出版松籟社ホームページ
松籟社について

松籟社の本

連載

最近刊行した本

twitterアカウント

松籟社からのお知らせ


新刊のご紹介


神秘劇をオペラ座へ
バルトークとバラージュの共同作品としての《青ひげ公の城》
岡本佳子 著
2019年7月31日
定価:3,000円+税
A5判・ハードカバー・304ページ
ISBN:978-4-87984-380-7
在庫ございます

内容紹介

  オペラ史上、特異な存在感を放つ《青ひげ公の城》。
  筋は起伏に乏しく、群集合唱も派手なバレエもない、しかしその神秘性ゆえに忘れがたい印象を残すこの作品は、いっとき同じ建物に暮らした2人の芸術家──バルトークとバラージュ──によって創りあげられた。
  彼らが生きた20世紀初頭ブダペシュトにおける文化的・歴史的文脈を、そして作者2人を取りまく人的交流を踏まえて、この謎めいたオペラを捉え直す。


【主要目次】
序章  ブダペシュト テレーズ環状通り17番に住む芸術家たち──「周縁」地域のオペラ作品へのアプローチ
第1章  「国民音楽」の殿堂──ハンガリー・オペラと王立歌劇場
第2章  音楽と演劇における「ハンガリー」の所在──モダニズム運動の多層性
第3章  バルトークとバラージュによる《青ひげ公の城》の制作
補論  亡き作曲家への「回想」──バラージュによるバルトーク像
第4章  バラージュの神秘劇──戯曲としての『青ひげ公の城』
第5章  バルトークの「音楽」──「夢」から「夜」への道筋
終章  オペラ初演、そして別れ


著者・訳者紹介

岡本佳子(おかもと  よしこ)
  東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース修士課程、博士課程修了。博士(学術)。
  現在、東京大学教養学部附属教養教育高度化機構特任講師。


ご購入方法

本書につきましては、書店様にてご注文いただくか、小社の直販サイト「松籟社stores.jp」にてご注文下さい。クレジットカード、コンビニ支払、銀行振込等、各種決済がご利用いただけます。

→松籟社stores.jp


以下のサイトでもご購入できます。

→Amazon.co.jp

→hontoネットストア

→セブンネットショッピング

→ブックサービス

→ヨドバシ.com


関連書

『東欧の想像力  現代東欧文学ガイド』