図書出版松籟社ホームページ
松籟社について

松籟社の本

連載

最近刊行した本

twitterアカウント

松籟社からのお知らせ



新刊のご紹介


息 一つの決断
トーマス・ベルンハルト 著
今井敦 訳
2023年4月30日
定価:1,700円+税
四六判・ソフトカバー・144ページ
ISBN:978-4-87984-432-3
在庫ございます

内容紹介

  20世紀後半のドイツ語圏文学を代表する作家トーマス・ベルンハルト、その全作品をとく鍵と言われる自伝五部作の第三作。
  前作『地下』で、仕事と音楽というふたつの展望を手に入れたかに見えた主人公。しかし時をおかず病が彼に襲いかかる。さらに最良の理解者だった祖父が他界、そして母にも病の影が……自身と、そして家族のもとに現れた「死」を前にして、ベルンハルトは何を見出したのか。


著者・訳者紹介

トーマス・ベルンハルト(Thomas Bernhard, 1931-1989)
  20世紀オーストリアを代表する作家のひとり。少年時代に、無名の作家であった祖父から決定的感化を受ける。
  音楽と演劇学を修めつつ創作をはじめ、1963年に発表した『凍(いて)』によってオーストリア国家賞を受賞。一躍文名を高める一方で、オーストリアへの挑発的言辞ゆえに衆目を集めた。以後、『石灰工場』『古典絵画の巨匠たち』『消去』『座長ブルスコン』などの小説・劇作を数多く発表。1988年に初演された劇作『英雄広場(ヘルデンプラッツ)』でオーストリアのナチス性を弾劾するなど、その攻撃的姿勢は晩年までゆるがなかった。
  1975年に発表された『原因』のあと、『地下』、本書『息』、『寒さ』、『ある子供』が続けて刊行され、自伝的五部作をなした。
  1989年、58歳で病死。


今井敦(イマイ アツシ)
  1965年生まれ。中央大学文学部卒業、中央大学大学院文学研究科単位取得満期退学。1996年から2000年にかけてオーストリアのインスブルック大学に留学、同大学にて哲学博士(Dr. Phil.)取得。
  現在、龍谷大学経済学部教授。
  専攻は現代ドイツ文学。
  著書に『三つのチロル』、訳書にトーマス・ベルンハルト『ある子供』『原因』『地下』、ハインリヒ・マン『ウンラート教授』、ヨーゼフ・ツォーデラー『手を洗うときの幸福・他一編』がある。


ご購入方法

全国の大型書店さん店頭で並べていただいています。

お近くの書店にないとき、お急ぎでご購入されたい場合は、小社のオンラインサイト松籟社storesを御利用下さい。クレジットカード、コンビニ支払、銀行振込等、各種決済がご利用いただけます。

→松籟社stores『息』販売ページ


関連書

東欧の想像力

『ある子供』
『原因』
『地下』