図書出版松籟社ホームページ
松籟社について

松籟社の本

連載

最近刊行した本

twitterアカウント

松籟社からのお知らせ



新刊のご紹介


フラバル・コレクション
十一月の嵐
ボフミル・フラバル 著
石川達夫 訳
2022年12月20日
定価:2,200円+税
46判・ソフトカバー・312ページ
ISBN:978-4-87984-431-6
在庫ございます


内容紹介

  作家自身が見つめ、経験した、ナチスのチェコ侵略、「プラハの春」の挫折、そして「ビロード革命」。それら歴史の大きな出来事についての語りは、しかし奔放に、自在に逸脱し、メランコリーとグロテスクとユーモアがまじりあう中に、シュールで鮮烈なイメージが立ち上がってくる――
  20世紀後半のチェコ文学を代表する作家、ボフミル・フラバルの傑作短編集。


【目次】
魔笛
沈める寺院
公開自殺
幾つかのセンテンス
競馬の競走路での三本足の馬
グレイハウンド・ストーリー
「ホワイト・ホース」
十一月の嵐
人間の鎖
ぎりぎり


著者・訳者紹介

ボフミル・フラバル(Bohumil Hrabal)
  20世紀後半のチェコ文学を代表する作家。
  モラヴィア地方の町ブルノに生まれ、ビール醸造所で幼少期を過ごす。
  プラハ・カレル大学修了後、いくつもの職業を転々としつつ創作を続けていた。
  1963年、短編集『水底の真珠』でデビュー、高い評価を得る。その後も、躍動感あふれる語りが特徴的な作品群で、当代随一の作家と評された。
  1968年の「プラハの春」挫折後の「正常化」時代には国内での作品発表ができなくなり、その後部分的な出版が許されるようになるものの、1989年の「ビロード革命」までは多くの作品が地下出版や外国の亡命出版社で刊行された。
  代表作に『あまりにも騒がしい孤独』(邦訳:松籟社)、『わたしは英国王に給仕した』(同:河出書房新社)などがある。



石川  達夫(いしかわ・たつお)
  1956年東京生まれ。東京大学文学部卒業。プラハ・カレル大学留学の後、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。
  専修大学国際コミュニケーション学部教授・神戸大学名誉教授。
  スラヴ文化論専攻。
  著書に、『チェコ・ゴシックの輝き』(成文社)、『プラハのバロック』 (みすず書房)、『チェコ民族再生運動』(岩波書店)、『マサリクとチェコの精神』(成文社、サントリー学芸賞および木村彰一賞)、『黄金のプラハ』(平凡社)、『プラハ歴史散策』(講談社)、『チェコ語日本語辞典』第1・2・3巻+別巻1・2(編纂、成文社)など。
  訳書に、チャペック『マサリクとの対話』、『チャペック小説選集』第1・2・6巻(『受難像』『苦悩に満ちた物語』『外典』)、マサリク『ロシアとヨーロッパ』全3巻(U・Vは共訳)(以上、成文社)、パトチカ『歴史哲学についての異端的論考』(みすず書房)、クロウトヴォル『中欧の詩学』(法政大学出版局)、フラバル『あまりにも騒がしい孤独』、シュクヴォレツキー『二つの伝説』(共訳)(以上、松籟社)などがある。
  2016年イジー・ホスコヴェツ賞(チェコ心理学会)受賞。



ご購入方法

全国の書店さん、オンライン書店さんでご購入いただけます。店頭にない場合はご注文いただければ、すこしお時間かかりますが、お求めいただけます。


お近くの書店にないとき、お急ぎでご購入されたい場合は、小社のオンラインサイト松籟社storesをご利用下さい。クレジットカード、コンビニ支払、銀行振込等、各種決済がご利用いただけます。

→松籟社stores.jp


以下のサイト「版元ドットコム」より、各オンライン書店さんの注文ページへの移動や、書店さんの在庫確認ができます。どうぞご利用下さい。

→「版元ドットコム」:『十一月の嵐』紹介ページ


関連書

フラバル・コレクション