図書出版松籟社ホームページ
松籟社について

松籟社の本

連載

最近刊行した本

twitterアカウント

松籟社からのお知らせ

  


新刊のご紹介


路地と世界
世界文学論から読む中上健次
今井亮一 著
2021年3月31日
定価:3,600円+税
四六判・ハードカバー・464ページ
ISBN:978-4-87984-402-6
在庫ございます

内容紹介

  今世紀に入ってから、欧米を中心に盛んになっている世界文学論。そこでの重要な論点は、不思議にも、1992年に物故した作家・中上健次の問題意識と共鳴する。
  近年の世界文学論の知見を援用しながら、中上作品読解に新たな地平をひらく意欲的論考。


【本書の主要目次】
序章    中上健次と「世界文学」
第一章    「岬」ならびに『枯木灘』再訪―私的空間としての路地
第二章    中期作品群の深まり―路地と脱国民国家(ネーション)
第三章    『地の果て    至上の時』の「再」出発―路地と資本主義
第四章    『日輪の翼』と『讃歌』の展開―路地と「世界-文学」
終章    『異族』の限界と可能性―路地から世界へ


著者紹介

今井亮一(いまい・りょういち)
  東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。
  サントリー文化財団鳥井フェローなどを経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科助教。専攻は戦後日本文学、比較文学、翻訳研究など。
  翻訳に、スーザン・J・ネイピア「大江健三郎と二十世紀末における崇高の探求」(『大江健三郎全小説12』講談社、2019年)、マッツ・カールソン「欧米における中上健次批評概観」(『中上健次集月報W』インスクリプト、2014年)など。共訳書に、エミリー・アプター『翻訳地帯─新しい人文学の批評パラダイムにむけて』(慶應義塾大学出版会、2018年)、レアード・ハント『英文創作教室Writing Your Own Stories』(研究社、2017年)、フランコ・モレッティ『遠読─〈世界文学システム〉への挑戦』(みすず書房、2016年)などがある。



ご購入方法

全国の書店さん、オンライン書店さんでご購入いただけます。店頭にない場合はご注文いただければ、すこしお時間かかりますが、お求めいただけます。

お近くの書店にないとき、お急ぎでご購入されたい場合は、小社のオンラインサイト松籟社stores.jpを御利用下さい。クレジットカード、コンビニ支払、銀行振込等、各種決済がご利用いただけます。

→松籟社stores.jp


以下のサイトでもご購入できます。

→Amazon.co.jp

→hontoネットストア

→セブンネットショッピング

→ブックサービス

→ヨドバシ.com


関連書