図書出版松籟社ホームページ
松籟社について
松籟社の本

連載

twitterアカウント

その他のさまざまな本たち


刊行ラインナップ

紀田順一郎の本

『書林探訪―古書から読む現代―』  (紀田順一郎 著)

『読書三到―新時代の「読む・引く・考える」―』  (紀田順一郎 著)

『戦後創成期ミステリ日記』  (紀田順一郎 著)

『幻想と怪奇の時代』  (紀田順一郎 著)

『彷書摘録』  (紀田順一郎 著)

『幻想怪奇譚の世界』  (紀田順一郎 著)

『幻島はるかなり―推理・幻想文学の七十年―』  (紀田順一郎 著)

『蔵書一代―なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか』  (紀田順一郎 著)


『平井呈一 生涯とその作品』 (荒俣宏 編/紀田順一郎 監修)


シリーズ「図書館・文化・社会」

【品切】『トポスとしての図書館・読書空間を考える』  (相関図書館学方法論研究会 著)

『図書館と読書をめぐる理念と現実』  (相関図書館学方法論研究会 著)

『時代のなかの図書館・読書文化』  (相関図書館学方法論研究会 著)

『図書館研究の回顧と展望』  (相関図書館学方法論研究会 著)

『図書館の社会的機能と役割』  (相関図書館学方法論研究会 著)

『図書館の倫理的価値「知る自由」の歴史的展開』  (福井佑介 著)

【オンデマンド版、電子版のみ販売】『「第三の場」としての学校図書館』  (久野和子 著)


歴史(外国)

『共存と不和 ―南シナ海における領有権をめぐる紛争の分析、1902-0952年―』  (ウリセス・グラドナス・キロス 著)

『メキシコの悲哀』  (中野達司 著)

『記憶のなかの歴史  ―個人的経験から公的演出へ―』 (アライダ・アスマン著 磯崎康太郎 訳)

『アメリカは戦争をこう記憶する』  (G・カートピーラー 著/島田眞彦(監訳)/布施将夫/岩本修/藤岡真樹/森山貴仁/金子典生)

『補給戦と合衆国』 (布施将夫 著)

『冷戦と同盟  ―冷戦終焉の視点から―』  (菅英輝 編著/秋田茂、鄭敬峨、芝崎祐典、都丸潤子、ロバート・J・マクマン、松村史紀、倉科一希、森聡、豊下楢彦、中島琢磨、初瀬龍平、松田武、藤本博、斎藤嘉臣 著)

『子どもたちの見たロシア革命』  (大平陽一/新井美智代 編訳)

『キエフ洞窟修道院聖者列伝』  (三浦清美 訳・解説)


ベルギーに関する本

橋本宇太郎詰碁名作選

【品切】橋本宇太郎詰碁名作選  『風と刻(上) ―橋本宇太郎詰碁名作選 上―』 (橋本宇太郎 著)

【品切】橋本宇太郎詰碁名作選  『風と刻(中) ―橋本宇太郎詰碁名作選 中―』 (橋本宇太郎 著)

【品切】橋本宇太郎詰碁名作選  『風と刻(下) ―橋本宇太郎詰碁名作選 下―』 (橋本宇太郎 著)


その他

『フロイトという症例』  (中村靖子 著)

【品切】『日記論』  (ベアトリス・ディディエ 著/西川長夫・後平隆 訳)

【品切】『イデッシュのウィーン』  (メンデル・ノイグレッシェル 著/野村真理 訳・解説)

『老齢は酔って……』  (平井俊夫 著)

【品切】『荒野の旅―近代精神と命根への問い―』  (小椋一葉 著)

【品切】『故郷の風―荒野の旅U―』  (小椋一葉 著)

【品切】『オルテガ―随想と翻訳―』  (木庭宏 著)

『続・彷徨えるガン患者たち』 (深江雄郎 著)

『勝ちめのない闘い』 (右田吉拡 著)

『日曜日の蝶たち』 (木庭宏 著)

『情報化を生きるために ―知と技の融合―』 (宮崎孝史 著)

『笑いの科学 vol.1』 (関西大学ユーモア・サイエンス プロジェクト(代表:木村洋二))




『交響するコスモス(上) ―人文学・自然科学編 環境からマクロコスモスへ―』 (中村靖子 編著 /戸田山和久/吉武純夫/金山弥平/宇澤達/大越翼/伊藤伸幸/畝部俊也/葉柳和則/鋤田慶/福井康雄 著)

『交響するコスモス(下) ―脳科学・社会科学編 マクロコスモスから環境へ―』 (中村靖子 編著/ 大平英樹/畝部俊也/佐藤徳/吉武純夫/兼本浩祐/余語真夫/H.M.シュラルプ/飯高哲也/葉柳和則/今福龍太 著)